パソコンに1台で個人事業主の雑務が楽なソフトを活用

IT系の個人事業主の魅力は、成功すれば巨額の富を築ける点にある。
給料制で会社員をしていると、大きな成果を上げたとしても自分一人だけ儲けることはできない。
歩合制でもない限りは、会社に利益のほとんどを吸い取られてしまうので、一人勝ちをすることは基本できないのだ。
逆に、成果が上げられなかったときにはそのことが保険となるのですが、ローリスクローリターンであることは確かだ。

一方の個人事業主は、ハイリスクハイリターンな仕事になる。
会社員時代には考えられなかったほど、刺激的な毎日が送れることだろう。
自分の努力がそのまま年収に反映されるので、やる気と能力のある人には最適な働き方となる可能性だ。
もし成果を残せれば、その年の会計も大変になるが、今の時代は高性能な会計ソフトが安い値段で使えるので心配はいらない。
単体のソフトでも一万円ほどで販売されており、クラウドタイプのものなら月々数百円で利用可能だ。
個人でも複雑な収支計算が簡単にできるので、どこまで売上が伸びても問題はない。

個人でソフトを開発して販売している人の中には、数億円という利益を享受している人もいる。
会社員では、社長になったとしてもこれほど多くの収入を確保することは難しい。
組織で働くということは、そういうことだ。
個人事業主はインターネットの発達によって、これからはさらにやりやすくなっている。
これからはパソコン一台で、様々な仕事ができる時代だからだ。